ライフサイクルに拘りすぎます

30代金の男は、大いに、身だしなみを気にする人が多いような気がしています。結婚しても、夫人よりもちびっこよりも、自分のファッションにお金を使って仕舞うのでしょう。こうなると、お元金が必要になります。いくら安くても、ファッション代金は馬鹿になりません。
自分の持ち味に拘りすぎるのでしょうか。夫人も、動く夫人が必要になります。金がないと、ファッションは買うことができません。
土曜日も週末も休みだ。夫人は勤めに出ています。それでも、何も感じないのでしょう。洗濯物を含むのにも、ピーコートを着ていらっしゃる。過去なら、半纏でとりこむところです。ストリートから、見て取れることを想定していらっしゃる。キュートという気がほしいのでしょう。
公園にいくにもおしゃれを行なう。素敵な、父さんという演出だ。
見た限りでは、いつの一流企業にお労働なのかわかりませんから、その演出もしているでしょう。うちも、都心の新居という連想だ。貸し賃が高くても都心に住むのはそのためだ。http://www.8mpixels.com/

ライフサイクルに拘りすぎます