オゾンや中葉圏などについて勉学をしていた

オゾンなどについて実習しました。オゾンは酸素分子にUVが作用して生成するのでUVの凄い低緯度各地で多数生成しますが、観測されるオゾン濃度は低緯度各地よりも高緯度各地で高くなっています。低緯度各地上空で生成したオゾンがエアーのスポーツによって流通されているためです。今、フロン(塩素・フッ素・炭素からなる合併オーガニック合成品物)がオゾン範疇を破壊していらっしゃることが行き渡り、結論が求められています。高度約50kmより上空では、気温は高さとともに低下し、高度80〜90kmにかけて極小になります。この部分をミドル圏とよびます。ミドル圏をこえると気温は高さとともに上昇し、高度たいてい500〜700km界隈までを熱圏とよびます。熱圏の柄は外気圏とよばれます。熱圏の高度100〜300kmでは、日からのX線やUVによって原子・分子が電離してイオンと電子になっています。この部分を電離層といいます。電離層は電波をそれほど反照し、報道に重要です。とても勉強になりました。http://www.newporter.biz/

オゾンや中葉圏などについて勉学をしていた