悪いことしたら反対、でも自分おんなじヒューマンだ。

最近に限った仕事場じゃないのかもしれないですけど。
俳優が気違いに狙われるイベントって、ぐっすり集めされますよね。
福山くんの家に、その家のアドバイザーが入り込んだイベントもそうですけど、
たいしてもっとその報道ばっかり報せしてて嬉しい?って時間、ありません?

無論、ケガをさせられた方がいる場合、とてもその犯人は捕まったのか、
死者の実情は大丈夫なのか、という点は心配ではあります。
でも、犯人像をそこまで掘り下げる価値ある?とちらほら過熱ぶりにあきれることがあります。

なんとなく、俳優の後手は気持ち悪い気違いくんという独りよがりと
クリーンなまぶしい死者俳優、という図柄。それを特に強調しなくてもいいのに、と思うのです。

出来心じゃすまされない用かもしれませんし、絶対にやっちゃいけないイベントだったりもしますが、
「それほど追い詰めないであげてよ、犯人も人物ですし」と結構不憫に思うんです。

みんながみんな仲良くクリーンに生きられれば何のマイナスも起きないんでしょうけど。
私の個人的な感想だ。アリシアクリニック支払い

悪いことしたら反対、でも自分おんなじヒューマンだ。